身体に良いといわれるDHAとEPA

身体に良いといわれるDHAとEPA

DHAやEPAという言葉を最近はよく周りで聞くようになりました。健康食品でもよく目にしており、身体に良いという印象は受けますが、果たしてDHAやEPAというものは実際どのようなものであるのかきちんと理解をしている方は少ないのではないかと思われます。
まず、DHAはドコサヘキサエン酸というもので、学術名の頭文字を取ってDHAと呼ばれています。同じくEPAもエイコサペンタエン酸というもので略してEPAと呼ばれているのです。この二つはできるだけ食事から摂取しなければなりません。
必須脂肪酸は何に利用をされているのかというと、いくつかの種類があるようなのですが、DHAやEPAでは細胞膜を作るために必要な成分のひとつとなり、特に脳にある神経細胞の細胞膜に必要とされていることが研究で明らかになっています。この細胞膜を作るために必須脂肪酸の比率があるようなのですが、そのバランスが崩れてしまうと細胞膜は作りがもろくなってしまい、簡単に壊れやすくなってしまいます。また、酸化もしやすくなり細胞の老化が早まってしまうのではないかと思われます。
一般的にこの成分は魚類に多く含まれていると言われ、特にサバなどの青魚が豊富です。日本人は食生活の文化からDHAやEPAの多くを魚類から摂取していると言われていましたが、最近は食生活そのものが変化し、欧米化により魚よりも肉類を中心としたメニューに変化をしてしまっているので、魚を食べる機会が減ってしまっています。
また、DHAやEPAを積極的に摂取すると知能が高くなる傾向にあるとも言われています。欧米に比べ日本は魚を食べる機会が多いため知能が高いという説があるようです。また、体調を整える働きもあるようで、脳血栓や心筋梗塞などの血管内に血栓ができる病気が抑えられるという働きもあるのではないかとも言われています。
しかし、このような効果はまだ不確定なものも多く、今後研究を続けていくことで徐々に効果が解明されていくのではなかと思われます。
このように、身体に良いといわれるDHAとEPAですが、そのものの成分を必要な量だけ摂るということは、大変難しい場合が多いです。そのような時に、サプリメントなどの補助食品を上手に活用することが望ましいと思われますが、多量に摂取をすれば良いというものでもなく、やはり丁度良い量があるということも事実です。
ぜひ正しい知識を得て、効果的にDHAやEPAを摂取し健康的な身体作りを目指しましょう。

DHA EPAの効果

DHAやEPAの実際の効果はどのようなものか、きちんと理解をされている方は少ないのではないでしょうか。大まかに身体に良いとは分かっていても、どのように良いのか成分を取り入れることによりどのような期待が持てるのか、紹介をしてみたいと思います。
まずDHAですが、青魚やマグロなどに豊富に含まれているといわれ注目されている成分です。不飽和脂肪酸のひとつで、取り入れても血液の中では固まりにくく、血液をサラサラの状態にしてくれます。そのため、動脈硬化やコレステロールを下げる働きがあることが知られています。その働きの中で脳の活性化や視力の向上などが見られるため、多くの方が摂ると頭が良くなるというような話を聞いたことがあるかと思います。また、その他にもアトピー性皮膚炎にも効果があり、改善の手助けとなる場合もあるようです。
EPAも青魚類に多く含まれています。非常に似ていますが、DHAと比べるとやや効果の面で違いがあるようです。ひとつは、EPAの方が中性脂肪に関して下げる働きが優れているという部分です。また、多様なアレルギー反応や敏感肌の改善、生理通の緩和などがあるいわれています。DHAとの一番の違いは脳への働きでDHAは脳まで届くにたいして、EPAは脳まで届かないことが知られています。そのため、このふたつの成分を一緒に摂取することで互いの良い面悪い面を補い合い、効率的に摂取をして効果を狙っていきます。実際の青魚でもこのふたつの成分はもともと両方とも自然に入っているので、一緒に摂取をすることはごく自然なことです。

DHA EPAの摂取量

身体に必要でありながら、人間の体内で作ることはできないDHAとEPAですが、1日に必要な量はどのくらいなのでしょうか。
国からの決められた数値によるとDHAの場合、成人では1日に500ミリグラムから1グラムといわれています。この必要量を青魚から摂取をする場合、イワシであれば1匹から2匹、マグロであれば中トロ刺身4切れくらいが目安といわれているようです。量的にはさほどのものではないなと思う方も多いかと思います。しかし、実際のご自身の食生活を思い起こしてみると、毎日青魚などの魚類を摂取しているかというとそうではないことの方が大半と思います。多くの方は肉料理が多かったりファストフードもあったり、また和食よりも洋食中心で青魚類はあまり口にしていない方は多いかと思います。
魚料理を心がけても、毎日飽きのこないメニューを考えるのは至難の業です。また、魚自体が苦手で食べられない、青魚は更に口にすることができないという方も多いでしょう。
EPAに関しては1日の必要量はどのくらいかというと、実は日本ではきちんとした数値が定められていません。しかし、米国ではDHAとEPAと合わせて1日に2グラムを超えないようにすることという目標があるようです。
できれば食品から自然に摂ることが望ましいのかも知れませんが、難しい場合はサプリメントを利用しましょう。また、近年魚貝類に蓄積されているといわれる水銀の問題もあり、特に妊婦の方は水銀から胎児の影響を考え、多量な魚類の摂取を控えるようにいわれています。